心理療法を学ぶ

ステーショナリー

心理療法の自習方法

心理療法に興味があって学習したい場合、実際の講習会などに参加するのがもちろん近道なのですが、dvdを用いて家で自習するという方法もあります。カウンセリングの方法などを見ないといけないので、心理療法を本のみで学習するのは、とても難しいのですが、dvdがあればその一助となるでしょう。心理療法の中でも、nlpという分野では、特にこういったdvdの教材が充実しています。nlpと言うと、普通の人は聞きなれない言葉でしょうが、神経言語プログラミング(ニューロ・リンギスティック・プログラミング)の略称になります。1970年代にアメリカのカリフォルニアで生まれた心理療法で、日常的なコミュニケーション問題を解決する方法として、即効性があると言われています。

自習する際に注意すること

さて、nlpをdvdで自習する際に注意することは、教材のレベルの選び方です。一口にnlpと言っても、想定されるレベルはさまざまなのです。日常のちょっとした人間関係を改善したいとか、人生の目標に向かって邁進したいとか、そういう場合は、初心者向けのものを選べばまず間違いありません。最初から難しいことを自習しようと思うと、道半ばで挫折してしまうことも少なくないので、ここは重要なポイントです。本格的にカウンセラーを目指している場合は、資格取得も見据えたレベルの高いものも視野に入れて検討するとよいでしょう。その分、dvdの値段も少し高いものになってしまいますが、実際の講習会に通うよりは、ずっと安く済みます。